Fumiya URUSHIBATA OFFICIAL MEDIA

Ufmy.me|漆畑 文哉(うるしばた ふみや)公式メディア

2017.07.18「海洋アライアンスシンポジウム 第12回東京大学の海研究~社会への提言~」の一部に参加

f:id:uru3:20171212172240j:plain

2017年7月18(火)に東京大学農学部・弥生講堂にて行われた「海洋アライアンスシンポジウム 第12回東京大学の海研究~社会への提言~」に参加しました

f:id:uru3:20171212172229j:plain

東京大学海洋アライアンスのシンポジウムに参加するのは,2012年7月8日に豊橋技術科学大学で行われた「海洋教育から考える”津波・防災”-東南海地震に備えて-」以来,5年ぶりとなります。津波被害はもちろん,海洋資源という観点からも海洋教育の重要性は近年高まっているように思えます。また,海洋教育は他の教育に比べるとまだまだ実践事例が多くありませんので,東京大学の取り組みは注目すべき存在です。

f:id:uru3:20171212172224j:plain

f:id:uru3:20171212172219j:plain

f:id:uru3:20171212172213j:plain

時間の都合もあって,前半の一部しか傾聴することができませんでしたが,特に伊豆大島における海洋教育の取り組みについて聞くことができことは大きな収穫でした。ただし,何を目的とした海洋教育なのか,大学,大学生,高校生,地域住民のそれぞれの観点から明確に定める必要性も感じました。そして各観点からどのように取り組み,どのような変化があったのか,特に高校生にとってはどんな学びがあったのか,その詳細についてもう少し整理されていればよかったなと思いました。

ともあれ,非常に興味深い実践事例には変わりません。今後どのように活動が精緻化されていくのか,気になります。一応,理科教育・科学教育が専門な私にとっては,何か関わる機会があったらなぁ〜と思う次第です。

ちなみにこの日は真夏日でしたが,東大のキャンパスは木陰が多く気持ちよかったです(が,その後,雹(ひょう)が降るほと天候が不安定になりました)。

参照

東京大学 海洋アライアンス